前へ
次へ

宅建士の資格試験の勉強方法を教えます

宅建士の資格試験をこれから受験される方は、独学でも十分合格することは可能です。
法律系資格には難関資格と言われる司法試験や司法書士などは独学では中々難しいとされていますが、宅建士は法律系資格の中でも登竜門的存在となっています。
ですから、いきなり司法試験や司法書士の勉強をするよりもまずは宅建士の勉強を初めて法律に関する勉強の仕方を身に付けておいた方が、スムーズに難関資格の勉強をしていくことができます。
では宅建士はどのように勉強していくですが、これに関しては独学でも十分合格は可能です。
もちろんスクールに通えば効率的に勉強ができますが、社会人の方は仕事の関係で中々スクールに通うのは難しいこともありますので、マイペースで勉強できる独学をオススメします。
教材は市販されているテキストで大丈夫です。
宅建士は基本的には過去問から問われることがメインになりますので、過去に出題された問題を何回も繰り返し解いていきます。
この時にただ問題の正誤だけにこだわるのではなく、各肢ごとになぜ正しいのか誤りなのかをきちんと把握しながら問題を解いていきます。
こうすることで、宅建士の資格試験で合格点を取ることは十分に可能です。

Page Top