前へ
次へ

法律の専門家である司法書士に業務を依頼

法律の専門家と言われている職業としては、弁護士が有名ではありますが、司法書士も法律の専門家として活躍しています。
司法書士事務所の主な業務内容としては、不動産登記申請や商業登記申請の代理などを行っており、不動産売買や会社設立の際に依頼することになるでしょう。
マイホームを購入した時には、所有権移転登記申請が必要であり、銀行等から住宅ローンの借入を行った際にも土地や建物に抵当権設定登記を行うことが必要となるので、手続きについて司法書士に依頼することが多いでしょう。
通常は、不動産業者の方の紹介で司法書士を利用することが多いので、自分で依頼先を探すことはあまりないでしょう。
少しでも出費を抑えたいという人は、自分で登記申請をするという方法もありますが、手間と時間を考えるとかなり大変になってしまいます。
そのほか、独立開業して自分の株式会社を立ち上げることになった時に、会社設立登記申請を司法書士事務所に依頼することになるでしょう。

Page Top